コンバイン

イセキコンバイン!フロンティアジャパンHJ682【6条】中古について!画像添付

更新日:

https://free-agentstyle.com

Sponsored Link



イセキのコンバインフロンティアジャパンHJ682Gの追加の写真を撮りましたので載せました!

1.フロンティアjapanHJ682の追加画像をまとめました

何枚か写真を撮りましたが、部分で分けてのせてます。

まずコンバインのクローラーです。

1-1.コンバインのクローラー画像

左クローラ

右クローラ

コンバインのクローラは以上になります。

左右とも同じ感じです。

少し小さなひび割れあるところもあります。

1-2.コンバインのカッター刃の所【カッターケース】

こちらはカッター刃の画像です。

Sponsored Link

1-3.排塵ファン

1-4.ベルト周り

ベルトは特にすぐに切れそうなものはなさそうです。

まだ使えます。

1-5.こぎどう

1-6.シーブケース【揺動棚】

1-7.刈り取り部、刈刃、チェーン

刈刃

1-8.1番.2番昇降周辺

1-9.グレンタンク、オーガー周辺

1-10.トウミファン

1-11.運転席、シート周辺

1-12.ミラー

1-13.全体画像

1-14.オイル漏れ箇所

 

油圧ポンプ前のホースのようです!

まとめ

【商品の説明】
ブランド、メーカー:イセキ
型番:HJ682GCKPHWDK
6条

【商品の状態】
使用状況:
一応当方がわかる範囲で詳細を書きます。

昨年まで麦かりにのんびり使用しておりました。
現在はエンジン裏のオイルのホースから油が垂れるのでこの際部品取りとして出品します。
オイル漏れを治せる方でしたらまだ麦刈りなどでゆっくり使用できるのでは?と思います。

普段そこまでではありませんが、回転を上げてくると、それなりに垂れます。

あと、もみの排出する大砲!オーガーは上昇、下降はできますが、回転しません。ですので、普段ロープ引っ掛けて引っ張ってました。
もみ排出レバーも入れない状態でもタンクのベルとが回ってしまうときあるので、
排出する都度エンジン停めて、ベルト引っ掛けたり外したりしていたので、以上の問題では使えていました。

フィードチェーンは停止スイッチを入れておけば、刈り取り時、刈り取り部上昇すると通常は止まりますが、止まらないときがたまにあります。
以上になります。

使用時間は2088時間です。

なるべくトレーラーで運んでいましたので、
左右ともキャタがまだ切れとかはありませんので使えると思います。少々の小ヒビはあるとおもいます。
あと、ベルトも見たところ切れがあるところはないですので使えると思います。

足回りは今のところ問題ないです。自動水平も動きました。
スプロケットもへっていません。
カバーは古いですので、ヒビ等ありますが、一応全部ついてます。

簡単に掃除をして脱穀刈り取りも動かしました。

1980時間くらいの時に、後ろのカッター刃【12万?】を交換しました。
あとフロントの白い大きな歯車みたいなプラスチック
エンジンオイルは2040hの時に交換したと思います。

もともとキャビンのコンバインですが邪魔でしたので外しました

古いですので、それなりにあちこち摩耗していたり補修してありますのでご理解ください、
いすのしーとは破れてます。

カバーや、キャタピラ、ベルト、大きなチェーン類、<フィード、供給根本、根本、排ワラチェーン、類>などまだ使える部分があると思います。
とくに新品キャタピラたかいですので、是非どうぞ、

走行は問題ないです。前後左右、と自動水平

●発送は
引き取りでお願いします。
もしくは配送してくれるトラックの手配をお願いします。

 

以上になります。

最後までご覧くださりありがとうございました!

田郎
ポチ~またね~
またよろしくだワン!
番犬ぽち
Sponsored Link



-コンバイン
-, , , , , , ,

Copyright© 農業ブログ★よっしーのfarming日記★ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.